スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切腹したでござるよ

翌、金曜日。

朝いつもの時間に起床。

一緒に下に降りてフードを上げましたが食べる気配まったくなし。

外に出すと、普段なら口にしない草を食べ(むしる程度)おしっこ。

するとまた嘔吐。黄色い液とさっき口にした草。

ん~、よくなってないか。。。。。

お水もあまり飲まない。

嘔吐はそれで止まったので、仕事から帰ってから病院へ連絡してまた連れて行きました。

昨日と同様にレントゲンを撮って、血液検査。

もし、竹串とかを飲んでいて胃や腸に刺さっていれば(竹串はレントゲンには映らない)出血するから貧血になる。

また、なにかの炎症がおきていれば白血球の値が上がるけど、それもない。

じゃあなぜ食欲がもどらないか?やはり消化器系になにかある。ということで、点滴と様子みで入院です。

金曜日だけ病院が5時半閉院なので、夕方迎えに行くとあまり様子に変化はなし。

ただ、木曜日昼間に飲んだバリウムの動きが悪いのです。腸の動きが鈍っていると。

翌朝、様子を連絡してから食事をどうするか決めましょうと言われ、その日は連れて帰りましたが、お水もあまり飲見ませんでした。

土曜日。

仕事から帰って病院へ連絡、食事は普段の30%くらい、もし食べたらその後嘔吐しないか?もし吐いたらすぐ連れてくる、食べなくてもすぐ連れてくるようにとの指示。

食べてくれるかな?との期待もむなしく、まったく食べません。どうにか5粒口にしましたが。。。

3日連続の病院通いとなりました。

2日続けての血液検査、各項目の数値はほとんど変わりはないものの、肝臓と白血球の値に上昇がみられたが正常値の範囲ないです。

ただ、レントゲンでバリウムがまったくと言っていいほど動いていないことが判明。本来ならもうとっくに排出されていなくてはいけないはずです。

レントゲンでは写らない何かがありそうということで、CT撮影になりました。
CT撮影で何か異物が見つかるかもしれない、または腫瘍ができていてそれがバリウムの動きを止めているかもしれない。

午後にオペが入っているということで、CTは夕方撮ることになりました。

7時頃病院から電話あり。「バリウムが邪魔をして肝心なところは見えないけれども、腸の動きが止まっていてガスも溜っている、これはもう切らせてください」と先生から言われてしまいました。
「リクはいま麻酔で眠っていて大丈夫だから、落ち着いてから来てくださいね。りくははさん来るまでオペ待ってるからね。」

目の奥が熱くなるのをこらえて、深呼吸してから「大丈夫、大丈夫」と声にだし、自分に言い聞かせながら病院へ向かいました。

「何かあったら呼ぶからね、ゆっくり待っていて」

5分もしないうちに「りくははさ~ん、なにかあるよ」

小腸が凸凹です。切って取り出すと異物でした。なんだこれは?

先生の判断にお任せして正解でした。月曜日まで様子を見ましょうなんて言っていたら腸が壊死してしまって危険な状態になっていたかも。あ~、よかった。

で、リクのお腹から出てきたものがこれです。

2012-0722.jpg

これ、おもちゃの一部です。
そしてリクがこれを飲み込んだのは6月11日です。

たぶん、リクが飲み込んだであろうことはわかっていたのですが、このタコの吸盤のようになっているところ2~3個と親指大のかけらがウンピーから出てきていたので、もう大丈夫と思っていました。
まさかこんな大きな物がまだリクのお腹に残っていたとは!

これはずっとリクの胃の中にあって、吐き出せてれば問題なかったのに腸の方へ行ってしまい今回腸閉塞を起こしてしまったということです。

リクは普段、おもちゃは破壊しない子です。ただ、お友達がいると取られまいとしてボールやおもちゃを口の中に全部くわえてしまい、結果、飲み込んだようです。
よくばりなんですね、これから要注意です。

はぁ~、もう怒涛の一日でした。

リクは一週間程度の入院になるそうです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

一安心ですね!

リクくん頑張りましたね!
大事にいたらずに本当に良かったです。
1週間の辛抱ですね(*^^)v 
リクくんの元気な姿を楽しみにしています♪

No title

リク君のガールフレンド・カノン&カノンぱぱとしては我が事のように心配でしたが、先生の的確な判断にて救われましたね!良かった、良かった。
明日午後、トリミングに行く予定なのでチラッとお見舞いしてこようかな。
これからリク君と遊ぶときはおもちゃ厳禁だね。

No title

えぇっ!!?
6月から1か月以上こんなものが詰まっていたんですか?
危なかった・・・助かってよかったです。
様子を見てたら、と思うと本当にゾッとしますね。
とにかくよかったです。
どうかお大事に。

No title

あ、あの時の破片だったんですね・・・(>_<)
驚きです。Rayの兄弟姉妹のお腹からゴムが出てきたのも1カ月ほど
経ってからでした・・・。
1~2日のウンPに破片があっても油断できないんですね。
開腹は切ないけど、無事オペも成功して異物も取り出せて安心しましあた。
RIKUぽん、ゆっくり休んで早く元気になってね・・・☆
リクははさんもお疲れ様でした。

No title

RIKUぽん大変なことになっていたのですね。
早く元気になるといいね。
リクままお疲れ様です。

Re: 一安心ですね!

ながたんさん

ありがとうございます。
もうこれが最後にしてほしいです。
ほかのわんこがいるときのおもちゃは要注意ってことがよ~くわかりました。
よくばりでケチな男はもてないよ!と教えなくては(笑)

Re: No title

かのんぱぱさん

先日はお見舞いありがとうございました。あの時は元気そうに見えましたよね。
開腹手術なんて最初はえ~?そんな大げさな!って感じだったけど、先生の判断にお任せしてホントよかったです。あのまま様子見なんてことしてたらいまごろ。。。。

ごはん食べれるようになればすぐ元気になると思いますので、また一緒にお散歩お願いします。

Re: No title

レディママさん

そうなんです。6月11日からこんなものがリクの胃の中でごそごそしてたんです。普通にごはんも食べてウンピも正常でした。これを吐いてればなんの問題もなかったんですよね。腸の方へ移動してしまったために閉塞を起こしたというわけです。
いい経験になったといえばリクにはかわいそうなんですが、私も今回のことを肝に銘じてリクから目を離さないようにしないといけないと思いました。
ご心配、ありがとうございます。

Re: No title

Rayママさん

そう、あの時のあれでした。
もう、ビックリでしょ?まさか今迄こんな大きな物がリクの胃の中にあろうとは?
小さい破片がウンピと一緒に出てきていたので余計にそう思いますよ。

1~2日じゃ排出されないんだね。

レイちゃんも気を付けてくださいね。

リクはすぐ復活できると思います。(^_^)v

Re: No title

キノットのははさん

う~、もう大変でした(泣)

でも、もう大丈夫です。後は元気になるだけです。

二度とこういうことを起こさないように私が気をつけなくちゃいけないと肝に銘じました。
プロフィール

リクはは

Author:リクはは
こんにちは。
北アルプスの麓、信州松本の地で三代目FCRのRIKUと私の日常をつづっています。

いくつになったの?
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ペット人間化メーカー
あなたのペットは人間でいうと何歳?
最近読んだ本
ローラリーの最近読んだ本
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。