スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイアガラの一日

昨日とはうってかわって晴天です。

今日はナイアガラ周辺の観光、午後からトロントへ向かいます。

まずはテーブルロック。カナダ滝の真横に位置する展望ポイントです。
ここからエレベーターで降りると細長いトンネルになっていて滝の裏側が見れるようになっています。

2012-1109-11.jpg
なんだこれ?ですよね(笑)ちょっと普通にイメージする滝の裏側ではありません。なにしろものすごい水量ですから、ただ大量の水が落ちているって感じでしょうか。

2012-1109-1.jpg
滝が落ちてくる真横です。水しぶきもハンパないですが、轟音もすごいです。

2012-1109-2.jpg
地上のテーブルロックから見た、まさに滝が落ちるポイントです。ず~っと見ていると引き込まれるような感覚に陥ります。

2012-1109-3.jpg
テーブルロックから見た「スカイロン・タワー」展望台がレストランになっていてこの日のランチはここでした。
一時間で一周します。

2012-1109-5.jpg
その「スカイロン・タワー」から望むカナダ滝の全貌です。

2012-1109-4.jpg
おなじくアメリカ滝。こちらはもうアメリカです。

お昼ごはんの後はナイアガラフォールズを後にしてトロントへ向かいます。

途中「ワールプール」へ。
ナイアガラ川が崖にぶつかって湾曲し(ちょうど直角)、小さい渦を発生させている場所です。
ここは川の上をケーブルカーが渡っていて渦巻を見下ろせるようになっています。往復で10分ちょいくらいだったかな。
2012-1109-13.jpg
2012-1109-12.jpg
紅葉がきれいです。

そして「ナイアガラ・オン・ザ・レイク」
ビクトリア様式の街並みが広がり、また上質なワインの産地でもあります。
目抜き通りの「クイーン通り」を散策しました。
2012-1109-7.jpg
2012-1109-8.jpg
どこもかしこもカエデの木です。

2012-1109-9.jpg
クイーン通りの中心に立つ時計台。

2012-1109-10.jpg
のどかな街並み。カナダだけどアメリカンぽいですよね。

ナイアガラはカナダワインの約85%が造られる一大産地です。
特に「アイスワイン」が有名で、私たちは「ピリテリ・エステーツ」というワイナリーに行きました。
試飲もできます。アイスワインは濃厚で甘味のあるワイン。
短い時間のなかでワイン買うのに忙しくてお写真がありません(-_-;)

夕方トロントへ。

夕食は中華料理。久しぶりのアジアの味、おいしかったよ~。
ベルギーで食べた中華は中華もどきだったけど、ここは本格的だった。満足満足。

本日のお宿は「シェラトン センター トロント」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

紅葉キレイ!

順調なup!
見習わなければ・・・

本当にキレイ→メープル

Re: 紅葉キレイ!

けいさん

ほほほ(*^。^*) 順調ですわ!

あと一日分残ってるけどね。

カナダの紅葉ってさ、日本と比べるとやっぱり派手だね。

Pillitteriのアイスワイン

うわーっ、Pillitteriのワイナリーに行ったんだね。そうそう、試飲も出来るし、なかなかのワインが揃っているからから良い感じ。私はお酒は飲めないけど、そこで試飲して5〜6本ワインを買って来たよ。勿論ICEWINE VIDALを。
その後、運転しちゃったけど、まあほんのちょこっとだから。
Pillitteriのアイスワインは日本にはなかなか置いてなくて、暫く前に新宿の伊勢丹で1本見つけたの。でも私にとってはとても貴重なので、まだ空けずに取ってあるんだ。先日フランクフルトの空港でドイツのアイスワインを2本買って来たから、Pillitteriはもったいないのでドイツのから飲もうと思ってるよ。私の周りは飲んべいばっかりだから飲まれない様に隠してあるんだ。

お夕飯はトロントの中華街だなんて、最高!
私はロンドンに行くと、お夕飯は中華街に行くんだけど、はっきり言ってそれほどでもないんだな。だけどトロントの中華街のは美味しいと思う。アメリカやヨーロッパで美味しい中華には巡り会う事ないから、いいなあ〜。私、中華大好きなんだ。

Re: Pillitteriのアイスワイン

HIROMIちゃん

アイスワインは甘いから私でも飲めるかな。でも普通のワインと違って食事中にグイグイ行くもんじゃないよね。食前食後に少しってワイナリーの人も言ってたような覚えが。。。

なんか旦那がお正月用にって赤のアイスワインを一本買ってきたけど、あっという間になくなりそう(-_-;)

中華はね、ベルギーで食べたときは「なんじゃこりゃ?」みたいな代物だったけど、今回のはちゃんとした中華料理だったよ。北京ダックもでたし。でもね、紹興酒が置いてなくてそこだけ旦那たちは「なんでじゃ?」みたいだったけど。

プロフィール

リクはは

Author:リクはは
こんにちは。
北アルプスの麓、信州松本の地で三代目FCRのRIKUと私の日常をつづっています。

いくつになったの?
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ペット人間化メーカー
あなたのペットは人間でいうと何歳?
最近読んだ本
ローラリーの最近読んだ本
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。